今回は認定講師の有本恵さんが実際にご家庭でされている、オキシトシン分泌を利用したコミュニケーションの取り方をご紹介致します。

母親業、エステサロン経営、認定講師として忙しく毎日を過ごす有本さんがお嬢さん達と絆をしっかりと作るために、そして自らの仕事の活力の為にされている事です!

是非、毎日を慌ただしくお過ごしの方はお試し下さい。

【我が家のオキシトシン利用法】

子どもの頃、お母さんに「痛いの痛いの飛んで行けー!」をしてもらったことや、「大丈夫、大丈夫。」と、優しく触れてもらったことはありませんか?

怪我をした時。
お腹が痛かった時。
ちょっぴり気持ちが沈んでしまった時。

お母さんに触れてもらったり、話を聞いてもらったりすると、不思議と元気になった気がする。

実はこれ、【 愛情ホルモン・幸せホルモン 】などと呼ばれている、オキシトシンの力なんです!

オキシトシンには、

・痛みが和らぐ
・ストレスが緩和する
・不安や恐怖感が減少する
・集中力が増す
・免疫力が上がる

など、様々な効果があります。

こんなにも魅力的なオキシトシを分泌させる方法として、

・抱っこやハグ
・触れるなどのマッサージ

はTVなどで紹介されたこともあり、比較的ご存知の方が多いかと思います。
我が家では、上記の方法以外にも、たまーに学校に行くのがしんどくなってしまう長女にこんな方法でオキシトシンを分泌させています。

【大好きな人に会いにいく】
大好きな人の事を考えたり、その人に会えたりすると、胸がドキドキして幸せな気持ちになりますよね?
ドキドキしたその時!オキシトシンが分泌されています。

我が家の長女は、幼稚園の時の担任の先生が大好きです。
心が疲れてしまっている時はもちろん、気合いを入れてもらいたい時など、先生に会いに行き、抱っこしていただいています。
しばらく先生を堪能し、オキシトシンリッチになると「満足~(*´꒳​`*)」と言いながら戻ってきます。
その時の表情は本当に幸せそうで、見ている私も幸せな気持ちになれます。

【 気の合う友達と、とにかく楽しむ 】
気の合う友達と過ごしていると、全てが楽しくとても充実した時間が過ごせますよね?
気の合う友達と一緒に笑ったり、食事をしたり…こういう時にも、オキシトシンは分泌されています。

ありがたい事に、長女にはとても気の合う友人が数名います。
全員別々の小学校なので会える時は少ないのですが、定期的に遊ぶ約束をして、朝から晩まで遊び倒して貰っています。
気の合う友達同士だからこそできる、楽しい時間。
学校外にも、こんなに気の合う友達がいる!と改めて感じられる事も、長女には力になっているようです。

オキシトシンを分泌させる方法は、まだまだたくさんあります。
どれがわが子にとってベストな方法なのか?を探りながら、オキシトシンリッチ親子を目指すのも楽しいかもしれませんね!

執筆:認定講師 有本恵←こちらをクリックいただくと有本さんのサロンホームページにいきます!

有本 講師が担当するファミリーセラピストセミナーは随時、出張受け付けいたしております。
お問い合わせはこちら♥

次回のfeelcareセラピスト2級講座は2018年10月11日12日開催です。

8月25日(土)10時~12時
親子イベントをアロタイ®協会さんと開催致します【女の子の初めての月経教室&女子アロタイ】詳細はこちら♥

feel careおっぱいマイスター初級講座は次回開催は2018年9月29日池袋にて開催致します。ご予約はこちら♥